多摩市・日野市・八王子市の遺品整理ブログ | 多摩市・府中市・日野市・調布市・稲城市・八王子市の遺品整理は「トータルライフサービス」にお任せ下さい。 都内・神奈川対応します。

  • HOME
  • お問合せ
株式会社トータルライフサービス
お問合せはこちら

ビジネスブログ

2017年08月30日 [特殊清掃 多摩市]
imges

特殊清掃と遺品整理をしてもらえる業者さんを探して


私は最近自分にもう一人叔母さんがいることを知りましたが、亡くなった父のお姉さんが多摩市にいるということははじめて母に聞かされて、父の家計は男性が早死にでほとんどが癌で命を落としていました。
癌の種類は統一していませんが、父は60歳の時に肺がんが見つかりあっという間に亡くなってしまいました。
私たち兄妹はすでに独立していたのでその点は父も安心して旅立てたと思いますが、母はショックが大きかったようで葬儀が終わってもしばらく寝込んでいたのが今でもはっきり覚えています。
叔母さんとは母も数回しか会ったことがなかったようですが、身寄りがなく母に頼ってきたのが2年前ということで、いろいろ話し合って身元引受人になったそうですが、何か困ったことがあれば連絡してくれるといいながら、それからは音沙汰がなく今回借りていたマンションの部屋の中で亡くなっているのを発見させたと母に連絡が入りました。
身元引受人であるマンションの保証人にもなっていたのですぐに多摩市のマンションに私も付き添って特殊清掃と遺品整理をしてもらえる業者さんを探してまるいちさんのお世話になりましたが、この度は本当にありがとうございました。

imges

遺品整理業者のまるいちさんを探して部屋の特殊清掃を


多摩市のアパートは3年前に父が亡くなり私が他の不動産と一緒に相続しましたが、父が所有者になっていた時から依頼していた地元の不動産会社に管理は全て任せていました。
もう築30年以上経っていることから家賃も東京にしては安くて空き部屋も目立っていたので売却も考えていましたが、古い分かなり前からここに住んでいる住人さんも多かったようで、今回72歳になり身寄りのない住人さんが部屋で亡くなっているのを発見されたとの連絡がきました。
最近暑くなって異臭がしてきて他の住人さんから連絡がきて発見されたそうですが、管理をしていた不動産会社も私も家賃の滞納を見逃していたことにも責任があると反省しました。
とにかくすぐに遺体を運び出して部屋の中の整理もしなければいけないということで一応警察にも連絡して事件性はないことが確認できたのですぐに多摩市で遺品整理業者のまるいちさんを探して部屋の特殊清掃をしてもらいました。
身寄りもいないことから部屋の中の遺品も全部処分してもらい、あっという間に現状回復してくくれてこの部屋は入居者は見つからないと思いますが、もう少しアパート経営を続けられそうです。

2017年08月27日 [遺品整理 調布市]
imges

調布で遺品整理と不用品の回収をしているまついちさんに


調布市の実家には母が一人で暮らしていましたが、突然倒れたと連絡がきて搬送された病院に駆け付けました。
幸い命には別状がなく貧血が原因とのことでしたが、貧血もとても怖い病気だと先生から言われて、もう一人にしておくのは心配なので家で引き取ることにして主人にも相談すると、もちろんお母さんの部屋ももともと用意しているから大丈夫との返事をもらい母にも納得させてようやく安心できました。
父が6年前に亡くなりその後私も家を建てましたが、母のことを心配してくれていた夫が母の部屋も用意しておいた方がいいと言ってくれて惚れ直しました。
母もそれには感動していましたが、元気なうちはお前たちの邪魔はしたくないとこれまで一人暮らしを続けてきて、実家には亡くなった父の遺品もそのままになっていましたが、この機会に一度遺品も家の中のものも整理することにして調布で遺品整理と不用品の回収をしているまついちさんに依頼しました。
ここでは遺品であっても使えるものは買取りもしてくれて、それもあって費用はかなり安くなり、ついでに家のものもいろいろ回収してもらうことにしました。

imges

娘や主人の遺品をきちんと整理して供養するのも私の役目と


この度娘に先立たれることになってしまいこんなに悲しいことは人生の中ではじめてで、自分でも驚くほどに憔悴して何もできなくなってしまいました。
できればこのまま娘のもとに行きたいと思ったほどでしたが、人間そんなに簡単に死なないことも改めて思わされて、娘の分まで長生きしなればいけないと思わされました。
立ち直るまでにはかなりの時間がかかり、しばらくしてから娘が住んでいた部屋の整理をはじめることにしました。
夫もすでに亡くしていて、今後は私一人で生きていかなければいけなくて、私ももう70歳を過ぎていたので今後は施設に入ろうと決心して、長く住んできた調布市の家は手放すことにしました。
そのために娘や主人の遺品をきちんと整理して供養するのも私の役目と思い、家の中を片付けて出しましたが、どうしても亡くなったばかりの娘の遺品を自分の手で捨てることができなくて、この度プロの業者さんに依頼しようと思い、多摩市で遺品整理を安くしてくれるまるいちさんを探してお願しました。
ここでは遺品を丁寧に取り扱ってくれて、特に大切なものはお焚き上げもして供養してくれるということで、この度は本当にありがとうございました。

2017年08月22日 [遺品整理 府中市]
imges

遺品整理業者のまるいちさんは何でも回収してくれて


府中市の実家には私たち三人兄弟が全員就職して家を出てからも両親が二人で暮らしていましたが、最近両親共に入退院を繰り返すようになり、父が入院した時はいいのですが、母が入院すると何もできない父の面倒を交代でみにいかなければいけなくてそれが大きな負担になっていました。
三人とも両親を引き取りたい気持ちはあり、特に長男である私が一番責任を感じていて、妻とも相談して家を改造して両親を引き取れる部屋を用意しようという話になっていました。
しかしそのタイミングで父が急死してしまい、母が一人になってしまい母だけならすぐに引き取れると家に連れてきました。
こうなると実家をどうするという話になり弟たちとも話し合った結果、とりあえず母は健在なので家を売ってそのお金は母に持っておいてもらうことにして、私は母から毎月生活費をもらって面倒をみることに話がまとまりました。
問題は父の遺品やその他の荷物でしたが、遺品整理業者のまるいちさんは遺品以外にも何でも回収してくれて買取りも清掃もしてくれたので、実家はすぐに買い手が見つかり安心しました。

imges

府中市で遺品整理をしてくれる業者さんを探してまるいちさんに


府中市の実家には母と祖母が住んでいて、父と祖父はかなり前に病気のため亡くなっていました。
祖母はほとんど寝たきり状態になっていて母が面倒をみていましたが、介護をしていると母の体調も悪くなり何とかしなければいけないと思っていましたが、この度祖母が他界して母は私が引き取ることにしました。
これまでは祖母がいたので母も遠慮して家に来るとは言えなかったみたいですが、母は妻とも仲は良く一緒に暮らすことには妻も賛成してくれて、母もそれを聞いて安心していました。
問題は府中市の家をどうするかということで、名義は母になっていたので母にその件は一任していましたが、とりあえず家の中にある父の遺品と祖母の遺品は家を出るまでにきちんと整理したいということで、府中市で遺品整理をしてくれる業者さんを探してまるいちさんに依頼しました。
まるいちさんでは後のことも考えてくれて、遺品以外も全て回収することを提案してくれて、家をいつでも売れるように隅々までキレイに掃除してくれて、費用も思っていたよりもかなり安かったので、この度はまるいちさんに依頼して本当に良かったです!

2017年08月18日 [遺品整理 多摩市]
imges

母の遺品はまるいちさんにお願いして整理してもらいました


多摩市の実家に母を一人残していたことがずっと気になっていて、私はここ数年間仕事で家族で海外で暮らしていましたが、必ず年に1回以上は母に会いに日本に帰るようにしていました。
母と父はかなり前に離婚して、私は結婚するまでは母と二人で父が残してくれた多摩市の家で暮らしていましたが、結婚後会社が倒産して正社員として再就職できたのが海外との取引をしている小さな商社で、もう数年は海外生活が続くことになっていました。
日本に帰れば妻も母と同居することを了承してくれていて母もそれを楽しみにしていましたが、その願いが叶うことなく母がこの度病気のため亡くなってしまいました。
家は私が相続することにして日本に帰ってくるまでは空家にしていくことに決めて、家の中の荷物だけはとりあえず処分した方がいいということで母の遺品も一緒にまるいちさんにお願いして整理してもらいましたが、簡単に捨ててしまうのには抵抗がありましたが、まるいちのスタッフさんが遺品は丁寧に取り扱ってくれたお陰で寂しい気持ちはかなり和らぎ、母もきっと天国で喜んでくれていると思います。

imges

遺品整理業者のまるいちさんには全てにおいて大変お世話になり


多摩市には父方の祖父が一人暮らしをしていて、長男である私はいつも気になっていました。
父は健在ですが昔から祖父とは仲が悪くて、母から聞いたところによると何をするにも昔から反対されて、結局家業を継がなかった父のことを祖父はずっと恨んでいて、父が自分で起業して成功したのも喜んでくれなくて、さすがに父も呆れて疎遠になっているとのことでした。
その影響で祖父には私もほとんど会ったことはなかったのですが、小さい時には可愛がってもらった想い出が強くて、できれば早く仲直りして欲しいと思っていました。
しかし祖父が倒れたと連絡が来て、急いで父も駆けつけましたがもう話もできない状態でそのまま帰らに人となってしまいました。
これまで一度も祖父のことを良く言ったことがなかった父もさすがに本音は祖父に認めてもらいたかったようで、大泣きしていてそれを見てみんながもらい泣きしてしまいましたが、すぐに祖父の葬儀も祖父が住んでいたアパートの部屋の片づけをしなければいけなくて、この度は遺品整理業者のまるいちさんには全てにおいて大変お世話になりどうもありがとうございました。

PageTop