府中市の遺品整理ならお任せ下さい。

  • HOME
  • お問合せ
フロンティア1株式会社
お問合せはこちら

府中市の遺品整理

01遺品整理業者が行う仕事とは

遺品整理業者の仕事は、お客様から依頼を受けるところからはじまり、それによって仕事の内容は異なります。
はじめにお客様の希望や予算などを聞いて、見積書を作成しプランを提案しますが、作業を開始するためには入念に打ち合わせをしてお客様に納得してもらったうえで、作業内容に合わせた準備が必要になります。
作業を開始する前には必要に応じてご近所様に挨拶回りを行い、いよいよ遺品の整理を開始します。具体的には遺品を分別しますが、遺品の買取に対応している業者であれば、リサイクルできるものと処分するものに分ける作業を行います。
遺品の中には貴重品があることもあって、作業中に貴重品の捜索を行ってくれる業者も多く、見つかった貴重品は作業後に依頼者へ渡すのも遺品整理業者の大事な役割です。
荷物を全て運び出した後は、清掃作業を行います。ほとんどの遺品整理業者は、お部屋の簡易なお掃除に対応していますが、お客様の要望があれば、家の中をしっかり掃除してくれる業者もいます。
作業が完了したらお客様に家の中を最終確認してもらい、料金を精算して全ての遺品整理作業が終了となります。

遺品整理業者が行う仕事とは

02初めての遺品整理で知っておくべき事

初めての遺品整理で知っておくべき事

遺品整理は故人が遺したものを整理することであり、遺族で形見分けをした遺品を分配したり処分したりすることです。
遺品整理の仕方に決められたルールはないため、基本的に遺族が自由に遺品を整理してもいいわけですが、一般的な不用品とは違い亡くなった人が使用していたという特性が遺品にはあり、大切な人を失った負担も遺族にものしかかるため、遺品整理は思うように進まないケースも多いようです。
このように遺品整理には物理的に不用品を整理する他にも遺族の心を整理する2つの意味があります。
遺品整理には、形見分けと処分の他にも、売却、寄贈などの選択肢があり、全ての整理方法が決まれば遺品整理が完了したことになります。
遺品整理は基本的には遺族が自由に行うことができますが、高額な価値があるような相続に関係するものに関しては、現金や不動産などと同じ扱いになるため、他の相続人に内緒で勝手に整理してはいけません。
また、遺品整理を行う前には遺言書の有無を確認して、そこに遺品について書かれていた場合は、それに従い分配などをしなくてはいけません。
遺品整理を行うときには、遺族間でよく話し合うことが必要になります。

03自分で行う遺品整理の3つのお悩み

1.どのような準備が必要か
遺品整理には、大切な家族を失った家族の心を整理することも含まれますが、物理的に故人が遺した物を処分する場合は、必要に応じて段ボール、ゴミ袋、ガムテープ、はさみ、ビニール紐、ドライバーなどの工具などを用意しましょう。
もちろん遺品の量が少ない場合はこのような大掛かりな用意は必要なく、荷物が大量にある場合は遺品整理業者に依頼すれば、遺族は指示するだけで全ての遺品の整理を行ってもらうことができます。

2.遺品整理にふさわしい服装は
遺品整理を自分で行う場合は、不用品や粗大ごみなどを処分するときと同じように、動きやすい格好で問題ありません。わざわざ喪服を着用する必要はないので、ジャージやジーンズなどで構いません。

3.仕分けの方法は
遺品整理をスムーズに行うためには、最初に形見分けなどで保存するものと、捨てるものと、売却するものと、寄贈するものと、お焚き上げするものなどに分類することをおすすめします。
遺品が多い場合、この作業をしないで取り掛かると何から手をつけていいか分からなくなり、遺品整理が思うように進まなく、何日も何年も完了するまでにかかってしまうことも多いようです。

04遺品整理士が行う作業の種類を紹介

遺品整理の主な作業には遺品の仕分けや適切な処理、家財の搬出、遺品整理後の清掃などが挙げられます。ハウスクリーニングや家屋の解体、不動産の仲介、遺品の買取などを行っているところもあって、それらにも対応することがあります。
遺品整理はただ不用品を回収して処分するだけではありません。遺品はごみではなく、亡くなった方の思い出が詰まっていて、生きた証でもあります。そのことを常に思いながら、遺族に寄り添い作業を進めていきます。
遺品を取り扱うときには供養の心をもって、一品ずつに向き合いながら整理を進めていくのが仕事の基本となっています。

05対応エリアの府中市について

当社の対応エリアの府中市には、高齢者の単身世帯・夫婦のみの世帯を合わせて2万世帯を超え、遺品整理だけでなく、不要な大型家財の処分や毎日の生活ゴミの処理にサポートを必要とする方がたくさんいます。
府中市は、東京のほぼ中央に位置する人口約26万人の街で、多くの企業が市内に拠点を置いていて、職場と住人が近い距離にあるのが特徴の一つとなっています。
大型ショッピング施設や文化センターなども充実していて、生活しやすい環境が整っていて、市内には神社や仏閣などの由緒ある名所も多く、市内には350以上の公園があり自然溢れる環境も府中市の魅力となっています。
府中市は、人口約25万人を擁する街で東京都の中心に位置します。交通機関による都心へのアクセスだけでなく、スマートICによる車での移動も便利なのが特徴です。
フロンティア1鞄結梔c業所が所在する隣接の多摩市同様に、市内には豊かな自然が広がっていて、四季折々に移り変わる美しい景色を楽しむことができます。大型商業施設の他にもさまざまな形態のレジャー施設があって、ファミリー層が暮らしやすい街としても人気があります。

06遺品整理にかかる費用の目安とは

遺品整理にかかる費用は、自分自身で行う場合と専門業者に依頼する場合ではかなり違ってきます。
当然ながら家族など身内で行う場合に作業費は0円なるため、大幅に費用を削減することができます。また、家族や親族でほとんどの遺品を形見分けして、後はゴミの日に無料で廃棄できるものだとすれば、遺品整理にかかる費用も0円にすることが可能です。
ただし、故人と離れて暮らしていた場合などで、マンションやアパートなどの賃貸物件から早急に退去しなくてはいけないときなどは、家財道具一式を処分しなくてはいけないために家族、親族総出で遺品整理をしても費用をかけずに完了することはできません。
家具や家電の大型ごみなどがある場合などは、それを運び出すトラックなどの車両も必要になり、はじめて遺品整理を行う場合は勝手も分からないため、専門業者に依頼することをおすすめします。

費用の目安

遺品整理業者に依頼するとそれなりの費用がかかりますが、1Kやワンルームなどの場合で、面積が20u以下の場合は作業も1名で行えるケースが多いため、料金の目安は30,000円〜80,000円、一軒家で2LDKの場合は120,000円〜300,000円、3LDKの場合は170,000円〜500,000円など、金額にかなりの幅がありますが、それは荷物の量や作業する建物などの環境が現場によって大きく異なるからです。

07遺品整理の3つのポイント

01感情を上手くコントロールすることが大事

遺品整理は一般的な不用品を処分するのとは違います。どうしても亡くなった方が利用していた物ということで、処分するときには「申し訳ない」「本当に捨ててしまっていいの?」などの罪悪感を覚えてしまい、感情を上手にコントロールできないとなかなか遺品整理が進まないということにもなりかねません。
どうしても捨てられないという物は、お焚き上げという方法を選択すれば、気持ち的にも楽になれると思います。

02相続に関する遺品から整理する

遺品の中にはいろいろな物がありますが、何から手をつけていいか分からない場合は、お金に替えられそうな価値ある遺品から整理することをおすすめします。
そのような品は相続に関わる場合もあるため、遺族間でトラブルにならないためにも、あらかじめしっかり整理しておきましょう。

03遺品が多い場合は業者に依頼する

費用をかけたくないから、何とか家族だけで遺品整理をしたいという気持ちは分かりますが、処分に困る粗大ごみなどがたくさんある場合や遺品の種類が多くてどうしていいか分からないなら、専門業者に頼ってください。
良心的な遺品整理業者であれば、予算の相談にもきちんと乗ってくれます。

08依頼する業者にはどんな違いがある?

遺品整理業者に依頼するときに、多くの方が最も気にすることはどのくらいの費用がかかるということです。
遺品整理にかかる費用は、遺品の量や部屋や建物の広さや、現場の環境や周辺環境などによって異なりますが、相場というものも業界内では存在しています。
以前に比べて遺品整理業者の数も増えていて、その中には相場以下の価格で安さを売りに営業しているところもありますが、そのような業者に依頼する場合は、どうして相場よりも安い価格で作業ができるのか確認しましょう。
安さを売りにしている場合は、悪徳業者である可能性もあります。悪徳業者である手口は、安い料金をちらつかせて集客して、作業完了後にいろいろな理由をつけて高額な追加料金を請求することです。悪徳業者に騙されないためには、依頼先のサービス内容と、信頼性を確認しましょう。
遺品整理業者によってサービス内容も質も異なります。基本料金の中にどのようなサービスが含まれているかも大きなポイントです。信頼性は目に見えるものではありませんが、ネットで業者の口コミなどを調べると、信頼性を測ることができます。

09多く寄せられる相談事例

業者選び

遺品整理業者を利用する機会は多くの場合一生に一度あるかないかということで、業者選びを間違う方も少なくありません。
もちろんしっかり対応してもらえて遺品整理業者を利用して良かったという意見が大半ですが、最近では悪徳業者に騙されたみないなので何とかして欲しいという相談件数もかなり増えているのが現実のようです。
悪徳業者が良く行うのは高額請求や不当な追加請求で、それを防ぐためには事前に追加料金がかからない詳細な見積りを取ることです。それを契約者の盛り込んでおくことで、トラブルを回避できます。

悪徳業者の中には、作業中に金目の貴金属や現金を盗む不届き者もいます。これを防ぐためには、作業を行ってもらう前に遺品の内容を確認して、金目のものは金庫などにしっかり保管することが必要になりますが、そもそも信頼できない業者に依頼しないことを心掛けましょう。
悪徳業者の中には回収した遺品を不法投棄する者もいますが、遺品整理には一般廃棄物収集運搬業の許可が必要となるため、許可の有無を事前に確認しておくことも業者選びの大事なポイントです。

10遺品整理に関する3つの質問

質問 遺品整理の前に何を用意しておけばいい?
回答 遺品整理の作業には、電気や水道が必要になるため、賃貸物件の部屋などで作業してもらう場合は、それらを使用できる状態にしていくことが必要になります。
作業後に現金で支払いを行う場合は、見積書を確認してそこに書かれた金額分を用意しておきましょう。
現金を持ち歩くことが不安な場合は、銀行振込やクレジットカード払いなど、他に可能な支払い方法を確認しておく必要があります。
質問 遺品整理の作業をしてもらうときの注意点は?
回答 遺品整理業者に作業をしてもらうときには、どのように遺品を整理してもらうかを明確にしておくことが必要です。
触らないで欲しいものがあればそれを伝えて、遺品の捜索をして欲しい場合は、何を探して欲しいかを伝えておきましょう。
処分して欲しくないものは確実に伝えることが、一番の注意点となります。
質問 作業には立ち合いが必要なの?
回答 作業への立ち合いは、基本的に開始前と開始後の2回の短時間だけで十分です。
遺品の仕分けや作業中の指示などが必要な場合は、終日立ち合わなくてはいけませんが、現場が遠方にある場合などは、事前に打ち合わせをしておくことで、当日の立ち合いが必要ないケースもあります。

11遺品整理で注意すべきポイント

POINT 遺品整理業者に依頼することを決めたら、いろいろな業者の情報を集めて、最終的には信頼できる業者を選択してください。
今ではインターネットで検索すれば、たくさんの遺品整理業者の情報を集めることができます。
候補がたくさんある場合は、その中からいくつかに絞って、3社を目安に相見積りをとりましょう。気になる業者がそれ以上ある場合は、可能な限り多くの相見積りをとることをおすすめします。
見積金額は業者選びの大事なポイントですが、それよりも見積書や作業に関するきちんとした説明があるかが重要で、それがないような業者は候補から除外した方が良いでしょう。
遺品整理はただの不用品の回収作業とは異なるため、思い出の品をどのように対応するのかなどを丁寧にヒアリングして打ち合わせに時間をとってくれなければ、信頼できる業者ではありません。
遺品整理業者によってサービスの内容も異なるので、自分が望むサービスを提供していることを確認して、あとは最も気になった業者と金銭面でのアピールをして、納得いく依頼先選びをしてください。
適当に業者選びをしてしまうと、悪徳業者に騙されてしまう可能性を高めてしまいます。

12生前整理って何?

遺品整理とは、亡くなった方が遺したものを処分したり保管したりすることですが、生前整理とは、生きているうちに自分の死後に備えて持ち物や財産などを整理することです。
生前整理を行う主な目的の中には、自分が死んだ後に家族が遺品整理をする手間や、相続問題で家族が困らないようにすることがあります。
高齢化が加速して終活ブームが起きたことから、終活の一貫である生前整理を行う方も増えています。
遺品整理では自分の意思が反省されないのに対して、生前整理では所有物の整理を自分の意思でコントロールできるメリットがあります。
死んだ後に見られたくないものを持っている方も少なくないようで、そのようなものは亡くなる前に処分したり、デジタルで管理したりしてパスワードなどを設定しておけば、最期まで残すこともできます。
生前整理を行うと、家の中の荷物を減らすことができて、余生を快適に送れるようになるメリットもあります。
生前整理をしない場合は、本来形見として特定の家族に渡したかった物を処分されたり、他人の手に渡ってしまったりする可能性もありますが、生前整理をしておくことで、そのようなことを回避できます。

FAQ 一覧

PageTop