多摩市の遺品整理ならお任せ下さい。

  • HOME
  • お問合せ
フロンティア1株式会社
お問合せはこちら

多摩市の遺品整理【ポイントとFAQ】

当社は多摩市で遺品整理を行っています。遺品整理ではさまざまな業務を担当しています。遺品の仕分けから梱包、搬出、さらには部屋の消臭や除菌にまで対応できるのが特徴です。故人の思い出の品をしっかりと整理して、部屋を片付けて、新しい生活の場として活用できるような状態にします。また、孤独死をした人の部屋を遺品整理するというサービスも受けつけています。さらに遺品整理だけではなく特殊清掃にも対応しているためご安心ください。遺品整理の専門業者として活動しており、部屋を元通りにして原状回復するまでトータルのサービスを行っています。専門知識や技術を持ったスタッフが揃っていて、専門機器も活用しながら作業を進めることが可能です。希望があればできるだけ対応するため、どのようなことでも気軽にお申し付けください。遺品整理以外のことであっても、要望があれば柔軟に対応して解決することが可能です。近隣の方に迷惑をかけないように作業することを心がけます。緊急の要望であっても、ご連絡をいただければすぐにスタッフが現場にまで駆けつけることが可能です。現地法要や清祓い、合同供養といったことにも対応しています。遺品整理にお困りの方はフロンティア1株式会社をお頼りください。

遺品整理 多摩市

01多摩市にある遺品整理士が在籍する遺品整理業者とは?

高齢化社会を進む日本にとって、遺品整理を専門業者へ依頼することが珍しくなくなっている昨今。
先見の目を持ち、どの会社よりも早くお客様のお困りごとに着手し、取り組んできた会社が多摩市にあります。親族・縁者不在と言われ、相談できる人が身近にいない方が多く、独居死や孤独死といった悲しい最期を迎えるニュースが後を絶ちません。若年層から高齢者まで年代を問わず散見されるのも深刻な社会問題の一つです。
悲しく無残な現場は誰かの手によって原状回復されており、それに携わってきた会社の一つがこちらの会社です。
遺族による遺品整理が進まない、難しいなど、片付けを途中で止められることは珍しくありません。故人のお住いの状態や荷物の量によっても異なりますが、作業は予想の何倍も負担がかかり、精神的にも体力的にも疲弊します。賃貸物件であれば退去日も迫るため時間も限られてしまいます。
プロの遺品整理業者であれば建設的かつ確実に進めていくため、あっという間に終了します。不用品の撤去処分や部屋の清掃も別途依頼出来ます。
多摩市の遺品整理会社では遺品整理士の有資格者が執り行い、豊富な経験を生かした丁寧かつ迅速な進行、ご遺族様との細やかな対応に定評があります。
遺品の中に供養を希望される品物があれば合同供養を、室内の法要を希望される場合は宗派に合わせた手配と、あらゆるご相談が出来るため心強いです。

02遺品整理が初めての方に役立つ進め方や業者へ依頼するポイント

親族が亡くなられると、葬儀や法要、役所への届け出や様々な契約の解除、支払いなど様々な手続きがあり、更には遺産相続についての手続きも行わなくてはいけません。既にこの段階で疲弊される方も多く、遺品整理は少し落ち着いてから始められる方が多いものです。
故人が住まわれていたお宅全てを整理するにあたり、一体どこから手を付けるべきか困惑されるご遺族様は珍しくありません。他の家を片づける場合、荷物量も分かりませんし、どこに何があるかも分からないため、予定も立てられないでしょう。
そこで、遺品整理が初めての方に分かりやすく手順をご説明していきましょう。
まず、一番初めに取り掛かるのは貴重品類を見つけることです。通帳やクレジットカード、土地の権利証などの不動産関係書類、パスポートや年金手帳、保険証や貴金属類です。遺産に該当するものは後に親族間で整理をしていく必要がありますので保管して下さい。
故人の愛用品や写真などは形見分けとして分配するのが一般的です。
次に、家電や家具などリサイクル可能な品物を専門業者に引取りに来てもらう方法があります。モノを減らした上で廃棄物を整理しながらゴミの分別をすると作業しやすいのです。
遺品整理は想像以上に労力と時間を要するため、ご遺族が行うべきこと以外の廃棄処分の仕分けや回収などは遺品整理業者を利用するのがお勧めです。
分業することで体力的・精神的疲労が軽減されますし、プロの手によってお住いもきれいになるからです。

遺品整理が初めての方に役立つ進め方や業者へ依頼するポイント

03遺品整理時の3つのお悩みについて

遺品整理の経験は人生の中で一度かニ度あるかという機会の少ないものです。遺品整理は故人様を偲び供養する事の一つとして、残されたご遺族様の心の落ち着きどころを見つける意味でも大切なことです。とはいえ、遺品整理は時間的にも体力的にも大変消耗する作業であり、誰でも出来ることではないとも言えます。
遺品整理時にご相談を頂くことから3つのお悩みについてご紹介しましょう。

1.遺品整理の進め方が分からない

2.家族で遺品整理を始めたがあまりにも物が多く、全然片付かなくて困っている

3.業者に頼んだ場合、貴重品も処分されてしまうのではないかと不安
 

故人様のお住いが広い、遺品の量が多い場合などは、どのように進めればよいか頭を抱えるご遺族様が多く、途中で中断されたり、遺品整理業者へ依頼されるケースが大変多いです。賃貸住宅であれば明け渡し日の期限もありますから、なおさら時間がなくなります。
遺品整理の専門業者へ依頼すれば遺品整理士によって手際よく順序だてて進められるため、多くの日数を要しません。貴重品は出来ればご遺族様が先に探し出されることが理想ですが、それが難しい場合は業者に依頼して探してもらうことが出来ます。
遺品整理は不用品回収とはサービス内容が違います。遺品整理士の有資格者がいる業者を選べば故人様の残されたお品を大切に取り扱ってくれますし、財産に当たる価値のある品物があれば見極めて取り分けてくれます。
正規の信頼できる業者を選ぶことが重要です。

04遺品整理と片付け業者の種類、その違いについて

世の中には様々な種類の業者が存在しますが、"片付け"に関する業務を行う業者も同様です。
「遺品整理」を執り行っている会社も多くあり、実際に探す必要が出来た時には業者選びに悩んでしまうと言う声を聞きます。遺品整理と、片付けを行う業者についてご説明しましょう。
遺品整理業者 故人のお部屋の遺品を整理し、片付けを代行してくれる業者です。正規の会社には遺品整理士の有資格者が在籍しています。
ご遺族の希望により残したい品物と処分品を分別し、貴重品の捜索も依頼出来ます。捨てづらい品物の供養や、片付け後のハウスクリーニングに対応してくれる業者もあります。
生前整理業者(福祉・介護整理業者) 高齢者の方が介護施設に入居される際や、終活で身の回りの物を整理したいという場合に仕分け作業を代行してくれる業者です。
特殊清掃業者 孤独死や事故現場などの物件の原状回復作業を行う業者です。血液や体液の除去、消臭や除菌など一般の清掃会社では出来ない清掃作業・修繕工事を行っています。
空き家片付け業者 放置状態の不動産や戸建ての敷地内にある残置物の処理を行う業者です。
ゴミ屋敷片付け・清掃業者 住人が自ら片づけやゴミを撤去することが出来ない状態である部屋のゴミを回収する専門業者です。
遺品整理業者のように仕分け作業や貴重品の捜索をしてくれる業者もあります。
他には不用品回収業者も存在しますが、基本的に不用品の回収が本業の為、貴重品の捜索や細かなサービスは依頼出来ないことが多いです。業者選びの際は目的に合った業者を選ぶ必要があります。

05多摩市の遺品整理業者の対応エリア

遺品整理を専門業者に依頼することが近年では珍しくなくなっています。
故人様のお住いを整理するだけとは言え、長くご自宅で闘病されていた場合は、床材や襖、壁紙が傷んで劣化していたり、臭いが残っていることもあります。荷物の片づけ、整理以外にも整えることが次々出てくるのが遺品整理なのです。さらに、一部屋だけでなく、お家全体の遺品整理となると時間と労力はさらに増すため、想像以上に大変な作業となるでしょう。
1952年に創業し、多摩市を中心に遺品整理の代行サービスを行っている会社があります。有資格者が在籍し、遺品を丁寧に取り扱うことはもちろん、特殊清掃も行っている会社なので、クロスの張替えや床材の交換など、お部屋の復旧工事や消臭・脱臭なども依頼することができます。
こちらの会社の施工対応エリアは以下のようになります。
主な業務対応エリア
【東京都】多摩市、町田市、八王子市、日野市、府中市、稲城市
【神奈川県】横浜市、川崎市、相模原市
その他の東京都、神奈川県エリア、千葉県、埼玉県も対応とされているため、遺品整理、特殊清掃などの業者をお探しの場合はご相談されるとよいでしょう。

06多摩市の遺品整理代行会社に遺品整理を依頼する場合の費用目安

遺品整理の代行サービスを始めてから70年を超える会社が多摩市にあります。当時の日本では遺品整理を外部の人に委託するという考えは一般的ではありませんでした。しかし、様々な事情により孤立した状態で人生を終えられる方々がいる社会的問題を直視し、企業として社会ニーズに対応することに貢献されてきました。昨今では遺品整理を行う業者が増え、業者へ依頼するご遺族様が多くなっていることからも、時代の先端を見据えていた会社であるとも言えます。

遺品整理の総費用は下記の3つを足した金額となります。

多摩市の遺品整理代行会社に遺品整理を依頼する場合の費用目安

●遺品整理費用 遺品の整理、仕分け、梱包(不用品・遺品・家財処分)、出張・車両、消耗材質、簡易清掃費が含まれます。
●不用品処分料 地域により不用品処分料が変動するため、各自治体の認可業者との分業、連携作業で適正な不用品処分を行っています。
●その他のサービス 特別な清掃やお部屋の復旧工事などを別途依頼する場合に追加となるものです。
過去の遺品整理から、参考例として費用の目安を伺いました。

(過去の遺品整理ご依頼の事例)
・1K(20u)のお住い:遺品整理総額55,000円
作業必要人数:1名/物量:家電3点、遺品物量4立方メートル
・1DK(70u)のお住い:遺品整理総額121,000円
作業必要人数:3名/物量:家電4点、遺品物量10立方メートル

07多摩市の遺品整理業者が選ばれる3つのポイント

遺品整理を営む会社の中で先駆けとも言える会社が多摩市にあります。創業から70年以上経過する現在まで、世の中が目まぐるしく変化し、デジタル化や経済成長が進む中、取り残されてしまった人の悲しい現実に目をそらさず対応されてきました。
この間、常に依頼が絶えることなく選ばれ続ける3つのポイントをご紹介しましょう。

01状況に応じた柔軟な対応

故人様が亡くなられた状態により、緊急性が高い場合もあれば、時間的な猶予がある場合もあります。遺品整理の前に速やかにお部屋の改善をしなければ近隣の方にご迷惑がかかる場合、すぐにでも消臭対処などの必要性があります。状況に合わせ、夜間対応もご相談できるなど想定外のケースにも心強い会社です。

02特殊清掃・原状回復工事も合わせて依頼できる

孤独死や孤立死の現場によっては、腐敗臭や体臭、たばこ臭、ペット臭や生ごみなどの生活臭の除去やお部屋の原状回復が必要なケースもあります。遺品整理代行と合わせ、専門スタッフによりノンストップで対応してもらえるため速やかに問題が解決します。

03正確な見積書の作成、適正料金

どのような現場であっても事前に現場確認とヒアリングがあり、正確な見積書が作成されます。
お客様がご納得の上で正式な契約となります。料金表がありますのでご予算との比較ができ、検討しやすいです。

08多摩市の遺品整理業者が70年以上も支持される他社との違い

時代の変化が加速し、社会構造も変わる中、一つの会社が50年、70年更に長く続けていくのは簡単なことではありません。人々の、「清潔で安全な生活環境づくり」を基本理念に、1952年の創業から遺品整理や特殊清掃、建物管理、住宅改修に携わる会社が多摩市にあります。同業他社からも一目を置かれるこちらの会社の他社との違いを挙げてみましょう。

●柔軟な対応
業者とともに一緒に遺品整理をしたい、もしくは全て任せたいなど、お客様のご希望どおりに作業を依頼できます。また、女性スタッフ希望、土日祝日の作業を希望される場合にも対応してくれます。

●お客様に合わせた提案
長い間空き家化している住宅の遺品整理の場合、家屋の老朽化も進んでいます。家財の整理から巡回点検、家屋解体、不動産・相続に関する事など、お客様に合わせた提案でサポートしてもらうことが出来ます。

●特殊な案件にも速やかに対応
近隣から様々な理由でクレームがありお困りの物件がある場合、速やかに原状回復する対応に長けています。長い経験の中であらゆる案件に対処してきた会社ならではの知識・技術にて、遺品整理から特殊清掃、お部屋を元通りにする原状回復までスピーディに解決してくれます。

09多摩市の遺品整理業者への相談事例

多摩市の遺品整理業者への相談事例

遺品整理業者へ依頼される方にはどのような理由があるか、多摩市で遺品整理や特殊清掃を専門とする業者に、ご依頼者様の相談事例をお聞きしました。

かつては、故人様が残された遺品整理は、ご家族や近しい関係のご遺族様が行われていました。
遺品整理をしながら故人を偲び、思い出を語り合う。また、部外者が取り扱うものではないという昔からの風習があったからだと思います。ところが、生活環境、社会構造は大きく変化し、現代の生活に適応しづらいことも出てきました。その一つが遺品整理です。
都内で一人暮らしをされていたお母さまが孤独死されているという通報を受け、名古屋から駆けつけられた娘さんの事例を挙げてみましょう。
結婚を機に名古屋に引っ越されて15年、肉親であるお母様とは年に一度会えるか会えないかというペースだったそうです。お子様の成長期や受験が重なったこと、ご家族で上京するための新幹線代や宿泊するホテル代などの費用が嵩むことなどが、帰省する機会を逃す要因だったようです。このようなケースは珍しくなく、「亡くなる前に会いたかった」というご遺族様がどれだけいるか、無念のお気持ちを存じ上げております。悲しみの中、葬儀を執り行い、遺品整理を短期間で終わらせることは難しく、遠方にお住いのご遺族様であればなおさらです。万感の思いながら我々にご相談いただくご遺族様の名残惜しい気持ちを理解し、心を込めて遺品整理代行をさせて頂きたいと思っております。

10多摩市の遺品整理業者によくある3つの質問

遺品整理を行ったことがある方は、その大変さを身に染みていらっしゃることでしょう。
「小さなアパートだからすぐに片付けられる」と思っていても、実際に作業を始めると、分別の大変さにまず気が遠くなるものです。形見分けをするにも、どこに何が入っているか分からなければ時間を消耗し、疲れ切ってしまいます。そこで利用されることの多くなったのが遺品整理業者です。遺品整理のプロとして、ご遺族様をサポートし、故人様の残された大切なお品物を適正に片付けしてくれます。
多摩市に遺品整理の先駆けともいえる業者があります。
こちらの会社にご相談者様からよくある3つの質問を伺いました。
質問 立合いなしでの遺品整理をお願いすることは可能ですか?
回答 はい、お客様とのヒアリング後、現地確認とお見積りの上、契約となりましたら鍵をお預かりします。正式な契約書を作成し、施工可能日をお知らせ致します。作業完了後は報告書を作成し鍵と共に引き渡しさせて頂きます。当社は担当者がご相談から完了報告までを一貫して管理しますのでスムーズな対応が可能です。
質問 遺品整理方法について具体的に教えて下さい
回答 遺品は、不用品、形見分け、供養品、買取希望品などを事前に確認しています。お客様とのヒアリングシートを元に、一時保管箱や撤去禁止テープを用意し、遺品整理においてのトラブル回避を徹底して進めています。
質問 遺品整理は特定した部屋に絞って依頼することはできますか?
回答 ご指定のお部屋や場所のみに範囲を絞った遺品整理のご相談は多いです。お客様のご要望に合わせた対応が可能ですのでご安心ください。

11遺品整理業者選びでの注意点

POINT 遺品整理業者は、亡くなられた故人様の持ち物を整理するプロであり、ご依頼者様からの相談に応じた遺品整理を依頼することが出来ます。一般的な片付け業者は「モノ」として処分するための作業を行いますが、遺品整理業者は故人様への供養として「遺品」を代行する点が大きな違いと言えます。遺品整理業者をお探しの方に役立つ、業者選びの注意点をご紹介しましょう。

●遺品整理士がいる業者であるか
「遺品整理士」は、民間資格ですが遺品整理について学び、知識を得た人のみが持てる有資格です。遺品整理が初めてで不安の多いご遺族様をサポートし、様々な相談に乗ってくれるため、遺品整理士がいる業者に依頼するのが安心です。

●料金明細が明瞭であるか
遺品整理の費用は対象となる部屋の広さや荷物の量に応じた作業人数、作業時間により見積りされます。集合住宅であればエレベーターの有無や駐車場のスペースが確保できるかなども反映します。さらに清掃や供養も依頼したい方もいるでしょう。より正確な見積りをするためには現地調査の上で、明細を詳しく見積書に記し説明してくれる業者を選びましょう。追加料金が発生しないかも確認するのが賢いです。

●遺品整理以外に買取や供養、清掃などのサービスを提供しているか
処分する遺品の中にリユースが可能なモノがあれば買取をしてくれる業者があります。さらには思い出の品物の焚き上げ供養や、各種清掃に対応しているなど、ご遺族様のニーズに適したサービスを提供している業者が便利です。一社でやりとりが簡潔にでき、費用を抑える事にも繋がります。

12遺品整理に関する業界用語の解説

遺品整理は、親族や縁者とのつながりが浅い現代、ご相談できる身近な人が少なくなる傾向の中、困りごとに頼れる存在となっています。
遺品整理の中には緊急性の高い場合もあり、業者にも柔軟な対応が求められています。
そこで、遺品整理業者を利用される時に役立つ用語の解説をしましょう。
●特殊清掃
別名、「事件現場清掃業」とも呼ばれ、孤独死、事故死、自殺や殺人事件の現場となった部屋の清掃のこと。
内装撤去・全体清掃・汚染箇所清掃・解体・防臭・OST法による脱臭処理を指し、一般的なホームクリーニングとは異なります。
●原状回復工事
住んでいた部屋を入居前の状態に戻すことを言い、入居者の故意や過失などにより建物に与えた損害や箇所を現状に回復する工事のこと。
遺品整理においては、独居死などが原因で室内にダメージを与えた場合の修復工事を指します。
●清祓い(きよはらい)
神事の前後や厄災、穢れ(けがれ)などを清めるために行うお祓いのこと。

FAQ一覧

お役立ち情報

生前・遺品整理は専門業者の利用が右肩上がりに増加中。
展開

PageTop