多摩市の特殊清掃ならお任せ下さい。

  • HOME
  • お問合せ
フロンティア1株式会社
お問合せはこちら

多摩市の特殊清掃【ポイントとFAQ】

私たちは多摩市で特殊清掃に対応している業者です。特殊清掃では、さまざまな作業をワンストップで行っています。一次処理として入室可能な状態にするための作業をして、遺品整理によって室内の荷物の整理を行います。さらに、特殊清掃として内装撤去や汚染箇所清掃、全体清掃といった作業もして、脱臭処理や防臭なども行うことが可能です。原状回復のための工事をして、引き渡しのためにも仕上げとして清掃をします。これらの作業を分割して発注することも可能なため、それぞれのニーズに合った対応ができます。かなり部屋の状態が酷かったとしても、原状回復をするために努力をします。専門機器や特殊な技術なども駆使して、技術のあるスタッフがスムーズに作業を進めています。これまでに多くの部屋の特殊清掃をしてきた実績とノウハウがあるため、難しいケースでも臨機応変な対応が可能です。たとえば、孤独死の起きた現場の特殊清掃をした経験があります。ほかにも、さまざまな状況に応じて特殊清掃のサービスを提供してきました。特殊清掃が必要とされる場面ではぜひとも私たちのほうまでお問い合わせください。フロンティア1株式会社が全力で対応して、期待通りの結果を実現します。

特殊清掃 多摩市

01特殊清掃員が必要な理由とは

特殊清掃というのは、孤独死や自殺現場の遺体の腐敗によってダメージを受けた住宅やアパートやマンションなどの施設の室内の清掃を行う技術を指します。専門の技術をもって作業を行うのが特殊清掃員です。
人が亡くなると間もなく消化器官が自家融解を開始しますが、それにかかる時間はわずか1時間程度です。その後遺体はどんどん腐敗を続け、孤独死や自殺や事件などに巻き込まれない場合は、病院や葬儀業者などによって適切な処置が行われます。
しかし、そうでなければ遺体は最終的に溶けてドロドロの状態となり、それをはじめて目にした方には精神的に大きなショックが与えられる可能性が極めて高くなっています。
室内には悪臭や害虫なども発生して、健康被害を及ぼす懸念も高まります。遺体がある程度の時間放置された室内は、一般的な清掃では元通りにすることは困難で、特殊清掃の知識や技術をもった者でしかキレイにすることができません。
特殊清掃員が遺体の運び出しを行うわけではなく、遺体が運び出された後の部屋を掃除したり、部屋に残された不用品やゴミなどを整理したり処分したりするのがその仕事内容となっています。

02初めて特殊清掃をしてもらうときに知っておいて欲しいこと

特殊清掃とは、孤独時や自殺や事故などで人がお亡くなりになった部屋の中を清掃することで、一般的な清掃業者では行うことができない、まさに特殊な作業です。
特殊清掃が必要な現場では、ご遺族が遺体の第一発見者になるケースも多いわけですが、たとえ遺体が運ばれた部屋の中でも、特殊清掃が行われる前にご遺族の入室はおすすめできません。
遺体の第一発見者になった方はすでに体験している可能性もありますが、長く遺体が放置されていた部屋の中は、想像を超える強烈な死臭が充満していて、体調を壊してしまったり精神的に大きなショックを受けてしまったりする危険性が非常に高いです。
また、部屋の床などに遺体から流れ出た体液がそのまま残っているケースも多く、死亡時に血を吐いたり殺人事件現場ならさらに衝撃的な光景を見てしまうかもしれません。
それを見してしまった方の中には、幻覚症状やうつ病を発症してしまい、長期にわたり苦しめられるケースもあるのが現実です。
部屋の中に見られたくないものがあるから、事前にそれを処分しておこうなどと考えて現場に入ってしまう方もいるようですが、そのような行為に出ることはやめた方がいいでしょう。

初めて特殊清掃をしてもらうときに知っておいて欲しいこと

03特殊清掃を業者に依頼する際の3つのお悩みを紹介

1.孤独死である場合でも警察に連絡する
事故や事件で人が亡くなって特殊清掃が必要になる場合は、その前に警察に現場を検証してもらう必要がありますが、孤独死の場合など遺体を発見したときにもまずは警察へ通報しなくてはいけません。
死亡の原因は警察が実況見分を行わなければ分からないため、勝手に遺体を動かすことは控えてください。

2.現場を見てもらい作業内容の説明を受けよう
特殊清掃を業者に依頼する前に、警察が現場検証をしている場合は、現場への立ち入りを禁止されますが、その後は業者に現場を隅々まで確認してもらって見積りをとってこれから行う作業内容の説明を受けましょう。
作業内容を確認しないで契約を交わすと、後々トラブルになった場合に依頼主が不利になってしまいます。

3.特殊清掃では殺菌や消臭が必要になる
専門で行っている業者でなければ対応できないことが、特殊清掃の現場ではたくさんあります。
遺体からは体液や汚物などが出ることが多く、その名の通りに殺菌や消臭などを伴う特殊な清掃を行わないと、遺体の独特なニオイなどが除去できないケースが多いです。

04特殊清掃で行う作業の種類を紹介

特殊清掃 多摩市

特殊清掃とは、孤独死や事故現場などで死体が出たときの後処理としての清掃業務のことで、そのような現場には血痕や体液や糞尿などが遺されているケースが多く、遺体から出る異臭も現場に残されていることも多いため、一般の清掃業者では対応できません。そのため、特殊清掃ではその名の通りに特殊な作業がいろいろあります。
現場に血痕が遺されている場合は、血液の清掃をしなくてはいけません。事故現場だけではなく、孤独死の現場でも多くの場合血痕が遺されていて、血痕を長く放置しておくと臭気も酷くなり、通常の清掃では全く対応できません。
血痕の清掃には特殊な薬剤や機材が必要となり、場合によっては床の張替えをしなくてはいけません。遺体を長く放置しておくと人体液がこぼれ、特殊清掃現場では体液の清掃をする機会が多く見られます。
人体液の臭気はかなり強烈で、ハエやウジなどの害虫を発生させる原因になります。そのため、特殊清掃では害虫の駆除も作業の一つとなっています。
特殊清掃現場には、一般ごみが残されていけースも多いですが、それよりも作業が大変なのは汚物の処理です。人糞以外にも、飼っていたペットの糞などの清掃が必要になるケースも多いようです。

05多摩市を中心に神奈川県でも特殊清掃を提供

多摩市を中心に、東京都、神奈川県で遺品整理、特殊清掃を行っています。建物管理や住宅改修にも対応しています。
多摩市は、都心から30〜35q圏内の東京都西部に位置しており、緑豊かで暮らしやすい街として知られています。
京王線と小田急線が乗り入れている東京西部のベッドタウンで、北部には閑静な住宅エリアが広がっていて、東京に住む方には新興住宅地というイメージが強いと思いますが、自然に溢れた観光スポットも数多く有しています。
たとえば、多摩中央公園は多摩市民の憩いの場で、ベッドタウンの中心街とは思えないほどの清々しい風景が広がっていて、美しい広大な芝生は見ものです。特に夜景の美しさが人気で、夜には多くのカップルで賑わいます。
公園の南端にある多摩市域の名士であった富澤家の旧家を移築した旧富澤家古民家住宅も、隠れた観光スポットです。多摩市にはあの有名な「サンリオピューロランド」もあります。日本発祥キャラクター「ハローキティ」は、いまでは外国人にも大人気で、日本が世界に誇れる大人気のテーマパークです。多摩センター駅から5分の場所にあるためアクセスもとても便利で、サンリオのキャラクターを思う存分満喫できます。
小さなお子様はもちろん、お父さんお母さんもカップルでも楽しめるようになっています。

06特殊清掃を業者に依頼した場合にどのくらいの費用がかかる?

特殊清掃という言葉をはじめて聞く方も多いと思いますが、孤独死や殺人事件などがあった部屋などの現場の清掃作業をするのが特殊清掃の仕事です。
最近では高齢者の一人暮らしが増えていることから、特殊清掃の需要がどんどん高まっています。
遺体を放置しておくと異臭が発生して、一般的な清掃では臭いを取り去ることができなくなります。殺人事件現場には血痕が残されることも多く、こちらも元通りにするには特殊な清掃技術が必要となります。
気になる特殊清掃にかかる費用は、一般的には10万円前後で行うことが可能となっているようです。ただし、料金は依頼する業者や、現場の状況によっても大きく異なります。
さらに、特殊清掃を依頼する場合は、同時に遺品整理も必要になるケースが多いため、そうなると部屋の大きさや荷物の量などによってかかる料金は大きくアップすることになります。

特殊清掃を業者に依頼した場合にどのくらいの費用がかかる?

遺品整理にかかる費用相場は一般的には20万円前後と言われていますが、これはあくまでも目安です。ワンルームなどの小さな部屋で荷物が少ない場合は10万円以下にもなり、一軒家で荷物がかなり多いゴミ屋敷などの場合は、100万円もの費用がかかることもあります。

07特殊清掃をしてもらうときに気をつけたい3つのポイント

01異臭が完全に取り切れないこともある

事故現場や孤独死などの現場を清掃してもらう特殊清掃では、今まで体験したことのない異臭が出ているケースも多いです。
人生の中で特殊清掃を何度も依頼する方は少ないこともあり、適当に業者選びをしてしまう方も多いわけですが、作業後に臭いがとれずにトラブルになることもあるようです。
一般的な嫌な臭いとは質が違うので、異臭の処理方法や臭いが完全になくなることを事前に確認することをおすすめします。

02見積金額よりも高いお金を請求されることもある

どのくらいの費用がかかるか曖昧な特殊清掃では、お客さんが思っている以上に作業費が高いということは良くあります。
それだけなら良いとしても、事前に見積りしてもらった金額よりも高い額を請求されるケースも確認されています。
業者側は当日予期せぬ事態が発生した、予想以上に現場が酷かったなどの言い訳をしてくるようですが、そのようなことがないように、しっかり現場を確認してもらい、追加料金が発生しないことの確約をとったうえで作業に取り掛かってもらうようにしましょう。

03不法投棄をする業者もある

特殊清掃業者の中には、現場から回収したゴミなどを不法投棄するような悪質な輩も存在しています。
不法投棄された場合は、最悪依頼した側も罪に問われることもあるので、魏依頼する業者は慎重に見極めなくてはいけません。

08特殊清掃業者を選ぶときのポイントはどんなこと

特殊清掃業者にはその字の通りに特殊な清掃技術が必要になるため、誰でも簡単に参入できる業界ではありません。しかし、高齢化や核家族化がどんどん加速しており、孤独死も増えていることからこの業界への参入者も増加しているのも現実です。
そのため、特殊清掃業者を選ぶときには、経験豊富な業者かどうかを確認することをおすすめします。
特殊清掃は一般的なハウスクリーニング業とは異なり、完全な消臭をすることが求められます。遺体が長く放置された家の中にはかなりの悪臭が漂い、普通の消臭剤では取り去ることができません。
完全な消臭をするためには特殊な薬剤と技術が必要になります。最近になって特殊清掃をはじめた業者は、薬剤は手に入れられたとしても技術に乏しく、見様見真似の手探り状態で仕事をしている可能性が高いです。
実際に悪臭を完全に取り切れない業者が最近ではかなり多くみられ、それが問題になっています。見た目は綺麗にしてもらえたとけど、嫌な臭いが残って不快な思いをしている方はたくさんいるのが現実です。
特殊清掃を依頼する場合は費用のことが気になると思いますが、経験が浅い業者は選ばない方が良いと思います。

09一般の清掃との違いに関する相談

一般の清掃との違いに関する相談

特殊清掃と一般的な清掃との違いについての相談がよくありますが、そのような相談をさせる方の多くが、はじめは一般の清掃業者に問い合わせをしているようです。
特殊清掃とは、事故物件の清掃を専門に行うことで、事故物件とは、事故や事件や自殺や孤独死などが発生した物件を指します。
特殊清掃が必要になるのは、死人が出た現場で、遺体が運び出された後に行われる掃除が特殊清掃です。
死人が出たといっても、故人が自宅療養を希望して病死した場合は、特殊清掃の必要はありません。特殊清掃が必要になるのは、事故や事件などで現場に血痕などがあったり、死後ある程度の時間が経過していたりした場合です。そうなると、死者の痕跡は一般的な清掃では原状復帰できなくなってしまいます。
特殊清掃と一般の清掃との違いは、除去の対象物にあり、特殊清掃の対象物は「死臭」です。死臭というのはかなり強烈で、特殊な方法で清掃しないと取り去ることはできません。死臭を一度でも嗅いだら二度と嗅ぎたくないと思うほど強いレベルの臭いなのです。
死臭は死体の発見状態によってさまざまですが、特殊清掃でならどんなレベルの臭いも取り去ることができます。ただし、実績のない新規参入業者などでは、酷い死臭を取り去ることができないケースもあるので、業者選びは慎重に行いましょう。

10多く寄せられる3つの質問

質問 特殊清掃はどんなときにしてもらうの?
回答 特殊清掃は、その名の通りに特殊な清掃で、一般的な業者では手に負えない現場をキレイにしてもうときにしてもらうものです。
具体的には、孤独死、殺人現場などの血液や体液の除去が必要な場合や、死臭や腐乱臭の消臭が必要な場合などです。
また、感染症を予防するための消毒や、ウジ虫などの害虫駆除が必要な場合も、特殊清掃に頼ることになります。
質問 特殊清掃を業者に依頼する理由とは?
回答 特殊清掃業者でなければできないことが多いからです。
自分でできると思っても、遺体が長く放置されていたり、血液が飛び散っていたりする現場では、自分で何とかしようとしてもどうにもならないケースが多いです。
そのような現場を元通りにするには、高度な技術や専門的な知識が必要で、プロの清掃業者でも対応することはできません。
質問 特殊清掃はどこに依頼しても一緒なの?
回答 料金のことを気にして業者を選ぶ方が多いようですが、特殊清掃は依頼する業者によって仕上がりも大きく変わる場合があるので、できるだけ実績が豊富な安心して任せられる業者を選ぶことをおすすめします。
孤独死の現場を清掃してもらう場合は、遺品整理にも対応してもらえる業者を選べば、手間も料金も抑えられる可能性が高くなります。

11業者を選ぶときに気をつけるべきこととは

POINT 孤独死の現場や事故現場などの掃除をする特殊清掃を、頻繁に利用する人はほとんどいないため、多くはそのような事態になったときにどこに清掃業務を依頼して良いかも分からないというのが一般的です。
そもそも、そのような事態を招いたときには冷静にいることができなくなり、一刻も速く何とかした欲しいという気持ちになり、適当に業者を選んで依頼してしまうというケースも多いようです。
しかし、その名の通りに特殊な清掃ということで、依頼先をどこにするかで、仕事も質も仕上がりも大きく異なるので、業者選びは慎重に行わなくてはいけません。
特殊清掃では現場の状況によっても異なりますが、消臭消毒処理や害虫駆除や、体液が付着した床などの清掃なども必要になります。
使用する薬剤や経験の量によって、臭いや残ったり、完璧な害虫駆除がなされなかったりすることもあります。そのため、特殊清掃業者を選ぶときには、過去の実績や評判などをしっかり確認することが重要になります。
遺品整理や特殊清掃を行う業者の中には、適当な仕事をして法外な料金を請求してくるような悪徳業者も混ざっているため、特殊清掃業者に必要な一般廃棄物収集運搬業許可などの許可や資格を確認することも大事になります。

12事件現場特殊清掃士とは

高齢化と核家族化が加速していく中、孤独死の件数も増加しており、亡くなってからかなりの日数が経ってから遺体は発見されるケースが多くなっています。
遺体を何日も放置しておくと、体液などによる汚れの他にも、部屋中に死臭が充満して特殊な薬剤や方法を利用しないと汚れや臭いを取り去ることができませんが、その特別な清掃のことを特殊清掃といいます。
特殊清掃には、現場や状況などによっては感染症などのリスク伴い、専用の道具なども必要となりますが、それらの専門知識や技術を持つ人が事件現場特殊清掃士です。
この資格は、「一般社団法人 事件現場特殊清掃センター」が発行しており、特殊清掃を行ううえで必ず取得が義務付けられているわけではありません。しかし、資格を取得することで前記したリスクを回避できる他にも、お客様からの信頼が得られて仕事を獲得しやすくなります。
資格を取得するには2ヶ月ほどの時間がかかりますが、反社会勢力に該当する方以外であれば誰でも挑戦できるようになっています。
孤独死をする人が多くなっている中で、特殊清掃の需要も事件現場特殊清掃士を求める企業も増え続けています。

FAQ一覧

PageTop