特殊清掃業者の正しい選び方|多摩市の特殊清掃ならお任せ下さい。

  • HOME
  • お問合せ
フロンティア1株式会社
お問合せはこちら
space

FAQ

Q

特殊清掃業者の正しい選び方を教えてください

質問 多摩市で賃貸経営をしているオーナーです。
孤独死した部屋のお片付けから原状回復工事までできる業者を探しているのですが、特殊清掃をしてもらうのははじめてです。
安心して作業を任せられる、正しい業者の選び方を教えてください。
亡くなった住人様から聞いていた保証人に連絡をとろうと電話をかけましたが、すでに使用されていなくて困っています。
ご遺体は警察へ連絡してしかるべき対応をしてもらいましたが、部屋の処理に関してはオーナーである私が行わなければいけません。
非常に困っている状態なので、できるだけ早く頼りになる業者さんを探して依頼できればと思っています。

矢印

A

アフターフォローがしっかりしているかも業者選びのポイントです

少子高齢化が社会問題となっている中、核家族化も進んでいることから孤独死する人の数も増加しています。
孤独死の現場の処理をするには特別な清掃技術が必要であるため、特殊清掃業者の数も年々増えてきています。そんな中で、「特殊清掃」「遺品整理(残置物・空室ごみ回収)」「リフォーム」の3業務を対応できる業者は昨今増えてきています。
ただし、依頼する業者によって、仕事の質や対応の仕方は異なりますので、緊急の場合でなければ、相見積もりを取る事をおすすめします。
特殊清掃というのは一般的な清掃とは異なり、特殊な薬剤を使用しなければいけなかったり、特別な技術が必要になったりします。
そのため、技術を習得するにはある程度の時間を要します。つまり特殊清掃の需要が高まっているかたといって、誰でも簡単に参入できるビジネスではなく、優良業者を見極めるポイントとして、経験豊富であるかどうかが挙げられます。
孤独死などの現場では、遺体を発見するまでの時間が長くなればなるほど、室内に死臭が充満し、素の臭いを簡単に取り去ることはできません。きちんとした知識や技術を持たない業者に作業を任せると、臭いが残ってしまうことも多いのが現実です。
また、遺体を長く放置していた現場には、虫が発生するケースもあり、そのときは完全に駆除できても、しばらくして虫が再発するのも珍しいことではありません。臭いに関しても同様に再発することがあります。
その場合に備えて、アフターフォローがしっかりしているかどうかも、業者選びの大きなポイントになります。加えて、業者によって料金設定も異なりますので、サービス内容も含めてしっかり確認してから依頼先を決めましょう。
フロンティア1ではワンストップの責任施工で対応致しますので、分離発注と比較しご相談者様の負担が軽くなりますので、是非お問合せ下さい。

PageTop